5月, 2011 のアーカイブ

【mixiから一部修正転載】ほっこりできる街? 川越

Posted in 未分類 on 2011年5月18日 by ckwtt

  どもどもー。先日は某マイミクの方々と魔都MATSUDOで『ヴァイス』のフリー対戦をやっていた際、CX8戻りストック19枚の自己新を樹立できてほっこりのちくわでございます。

(神・∀・) 「木山4枚と冥土帰しが場を埋め尽くしてりゃ、そりゃできるわなぁ……」

(私・∀・) 「まぁ、その後は4枚の手札がすべてCXになって処理しきれなくなったりと、大変なことになって負けましたがね」

♪カードゲーム、シヨ?(荘厳な登場BGMと見せかけて、しよ子CM)

(王゚Д゚) 「……勘違いしては、いけない……」

(神゚∀゚) 「おお! 脳内王神が、デッキ圧縮についての金言を!?」

(玉゚Д゚) 「そう、勘違いしてはいけまセーン。圧縮は過度になるとCXのトリガー率とドロー率を極端に高め、なおかつストックに有用なカードが埋もれすぎると戦術が崩壊する恐れもありマース」

(私・∀・) 「……え、いや、言ってることは合ってるけど、玉?」

(神・∀・) 「誰ですか、そこな玉」

(私゚Д゚) 「え、ガチで知らない神!?」

  暑さから酷くなりつつある脳内劇場(←そろそろ虹色の薬が必要です)はさておき、去る5/14(土)に、埼玉県は川越のマグマックスさんというゲーセンにて、『ミュージックガンガン!2』の『東方』アレンジ曲イベントがありましてな。
  イベントの詳細には、今月末発売の某アルカディアで記事になる可能性があるので現段階では触れませんが、とても楽しいイベントでした! そして何より、もらえたものもCOOL。
フォト
  やったー! COSIO氏アレンジの、『東方』曲入りCDだー!!(゚∀゚)
  ZUNTATAファンとしては、こげな大層なものを『ミューガン2』をワンプレイしただけでタダでもらえるとあっては、たとえ川越が電車で片道1000円以上かかる場所であろうとも、行かざるを得なかったという話ですYO!
  ちなみに5月中には、大阪、名古屋、そして月末に秋葉原と、まだまだこのCDがもらえるイベントは開催中なので、詳細をHPでチェックしてみるといいだろう。
http://www.taito.co.jp/arc/noko/music_gungun_2/index.html

  こちらのイベントについては、10時整理券配布開始のところを朝8時半から店の前に並んだ甲斐もあり、整理券16番をゲットできたため(川越の上にこの時間でも16番というのが恐ろしい話ですが……)昼前には退散となりました。
  ちなみに待ち時間の間ほかの参加者の皆さんも店内のゲームで時間をつぶされておられましたが、やはりというかなんというか、シューティングをやってる人が多かったのが面白かったです(笑)。そりゃ『東方』ファンとZUNTATAファンが多ければ、客層はそうなりますよNE!

  その後イベント会場を後にしたワケですが、このまま片道1000円を無駄にしてしまうのももったいないお話で。
  というワケで、川越散策の旅にそのままレッツ&ゴー!(爆走兄弟)

  前日、mixiボイスの方で「川越の菓子屋横丁には日本一の麩菓子があるんですぜスピ!(鼻息)」との情報をいただいておりましたゆえ、それを目標に突き進んでみました。
  日本一の麩菓子……。それは一体、いかなる究極の品なのか? いかに美味なる存在なのか……? 念のため金も多めに降ろしてきましたから、高級品でも大丈夫!(゚Д゚)
フォト
  さて、そんな感じで駅からしばらく歩いていくと、蔵の街とやらの付近へ出たワケですが。
  なぜかもう5月も中旬なのに、大量のミニ鯉のぼり。うん、まぁアレだ。これだけあると、片付けも面倒そうですもんね(・∀・;) でも梅雨が来る前には片付けた方がいいとちくわ思う!
フォト
  蔵の街内部。何か違和感が……と思ったら、なんと、蔵の街の区画には一切の電柱も電線もない!? 
  しかしだから歩きやすいのか、と問われれば、やたら道側にせり出した位置に建ってる街灯が邪魔だったりしまして、別に……と言わざるを得ない罠(汗)
フォト
  蔵の街内部にあった、時の鐘。
  なんでも一日4回、時間を告げるべく鳴るらしいのですが、私が居合わせた時にはいずれもウンともスンとも言っておりませんでした。
  どうやら、私にはまだ刻(とき)の涙は見えないようです(違&見えたらヤバイ)
フォト
  さて、そんなこんなでゆっくり散策しつつ結構歩きましたが(20~30分くらい?)、菓子屋横丁に到着。入り口付近は特に何もない感じで、このマップがある以外は普通の街並みです。

  しかし、少し中へ入っていってみると……。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォト

  まさかのパンダ。
  菓子屋横丁に、なぜかのパンダ。

フォト
  あー、なるほど。そういう存在理由ですか……って、ヲォォイ!! 確かに正面にあるのはパン屋だが、そもそもユー、ここ、菓子屋横丁!! パン屋とか菓子屋横丁関係ねーから!! パンはパンであって菓子パンでも菓子じゃねーから!!(゚∀゚;)
  ちなみに横丁のあちこちには、ほかにもウサギ、ペンギン、カエルなどなどの動物のモチーフが点在し、そのすべてにこういうシケギャグ寄りの一言コメントが添えられておりました。
  菓子屋横丁……フフフ、なかなかの電波な街だ、ぜ……(汗)

フォト
  そんなパンダの歓迎をスルーしつつ奥に進むと、菓子屋横丁の本体部分らしき一角に出ました。
  すげぇ! ほんとに見渡す限り、右も左も菓子屋しかねぇ!!(当然)

  というワケで、懐かしの駄菓子から日本伝来の定番お菓子まで、お買い得価格で並んでいるそれらを眺めつつも、早速日本一の麩菓子とやらを探し始めてみまして……。

  ……ん? おお、あの店のところに、何やら「日本一」「ふ菓子」と書かれた看板が!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォト

 

 

 

 

  ……ん?(・∀・;)

  (もう一度よく見てみる)

 

 

 

 

フォト

 

  ……………………。

  ( ゚Д゚)(深呼吸)

  (つ゚Д゚) スッ……

  (つ゚Д゚) < 長さで日本一かよォォォォオオオオオオオ!!!!!!!!!!????

 

  いや、まさか長さ日本一の麩菓子とは、まったく予想もできませんで……(汗)その場で思わず、鼻血吹いて錐揉み回転しつつ吹っ飛びそうになりましたわい。
  ちなみに『水曜どうでしょう』などのTV番組でも紹介されたことがある、結構有名なブツだったらしく……。くっ、そうとは知らずにワクテカしながらここまで来た私はとんだ道化だよぅ!!(゚Д゚;)

  だが……いい、オチだった(・∀・)b←自己暗示

フォト
  結局のところ、この日本一麩菓子に加え、亀屋さんの芋菓子(芋羊羹)を土産用に買いつつ、あとは近くの喜多院などなど、神社仏閣を観光してみました。 
  しかしこの日本一麩菓子、1m弱と言葉にすれば大したことなさそうですが、持ち歩くとなると相当邪魔でして。 
  その後の観光中は、とてもじゃないですがカメラでの撮影は不可能でした(笑)

  しかしゆっくりじっくり歩くには、かなり面白い街ですな~川越。
  その日の天気がよかったこともプラスでしたが、かなり長時間歩きまわっても飽きが来ない、不思議な魅力がある街並みでした。
  人力車の案内ツアーもあるようでしたので、ゆっくりのんびり人力車で巡ってみるのも面白いかもですな。

  ちなみに帰宅後撮った、大きさ比較用の写真がこちら。
フォト
  比較対象:500mlペットボトル。

  ……いや、なんつーかもう、長いですね(汗)。
  このまま食べたり人にあげたりするのももったいないので、とりあえずこの日本一の長さを生かした遊び方などを考えてみました。

 

 

 

(BGMに『DREAMS』を流しながら)

 

 

フォト
ティ麩ァ「あなたに、力を……」
高木渉「麩テライトキャノン、発射ぁっ!!」

 

  あるいは、こんな感じ。

 

(BGMに『Wings of Words』を流しながら)

 

フォト
キラ・ヤマト「想いだけでも……麩菓子だけでも……!!」
  ストライク麩リーダム・高エネルギービームライ麩ル(連結モード)

  ……はッッ!? そろそろいい加減やめとかないと、麩菓子の神様にもったいないお化けにされちまうってばっちゃが言ってた!!(゚Д゚;)
  ちなみにこのなが~い麩菓子ですが、長いわりには軽くてサクサク、黒糖も甘すぎずあっさりしておりまして(ぶっちゃけ美味い)、一本丸々、あっさり完食できました(笑)
  遊べる上に、いとも簡単に「スタッフが残さずおいしくいただきました」が可能なこの日本一麩菓子。川越土産に、オヌヌメです。

  ……まぁ、帰りの電車内で、コレを持って帰る勇気がある猛者にしかオススメしませんがNE!
  いや、実際わりかしガン見されましたわい……。てゆーか川越・菓子屋横丁近くの地元民に、目を見開いてガン見された時にはどうしてくれようかと(笑)

  そんなこんなで、またネタ等あれば不定期に更新してみますので、また来世~。