できることを、できる限り、自分の目で正しさを確かめて

 

  連日、多くの皆様からA-Fro投稿者様の安全確認運動にご協力をいただいておりまして、日ごろからの『アルカディア』へのご投稿をいただいている御恩ともども、感涙を禁じえずにおります。皆さま、まことにご助力いただきましてありがとうございます。

  そして、本日は3月中旬としては異例の冷え込みとなるとのことで、被災地の皆さまの健康状態をご心配になられる方は、恐縮ながら私も含めまして多いかと存じます。しかし同時に、被災地のみならず全国各地にも冷え込みは起こることでして、連日のストレスなどで自覚無きうちに弱った体が、風邪をもらってしまうことも多々あり得ます。

  情報収集のご協力と併せて、この場をお借りしてお願い申し上げたいのは、なにとぞすべての投稿者様に防寒、そして無理をなさらず体を休めるご自愛をしていただきたい、ということです。

  ほかの投稿者様の安全確認の情報は、ほかの投稿者様に安心を届けてくれます。さらに、投稿者様がしっかりと防寒の備え、休養の備えをしておられ、風邪などには負けない(あるいは引いてしまっても無理せずちゃんと治療中)という情報もまた、ほかの投稿者様のことを心配している投稿者様にとっては、安全確認と同じくらい安心を届けてくれる吉報となります。そしてまたしても恐縮ですが、私もそれを聞けば大いに安心いたします。逆に、あまり寝ておられない様子などを窺いますと、不安に胸が苦しくなります。

  私もそうですが、節電のために暖房機器や照明器具などの使用を控えておられる方には、体の冷え、ストレスの蓄積などが確実に起こります。何とぞそこは節電を維持しつつも、部屋内でもきちんと厚着をする、十分な睡眠をとる、リフレッシュを図るなどといったことにもお努めください。今叫ばれている節電運動"ヤシマ作戦"は、そのケアもまた含むものであると私は主張したい! 出典の『エヴァンゲリオン』でも、レイが守ってくれるところまでが作戦のワンセットだったワケですしNE。

  え、私? 私は大丈夫! 昨夜もボアジャケットなどで防寒しつつ、8時間寝ております。枕元にはしっかり自作の非常袋(防水もバッチリ)を用意して、靴下履いてスニーカーをベッドの下に常備してますぜ! どや!(←そっとしておいてあげてください)

  また、お話は変わりまして、明日からは連休となります。この状況下ではその余裕もない、あるいは仕事などで時間がない方も多くいらっしゃるかとは存じますが、それでもあえて申し上げたいのは、もし時間や余裕がおありで状況がそれを許すという方は、ぜひこの連休を利用して、家の外へと、少し離れた場所へと、リフレッシュも兼ねまして出かけてみていただきたい。そしてネットでは手に入らない、街の現状やそこで行われている活動など、生の情報に触れてみていただきたく存じます。

  あるいは、通信網が回復しつつある今、遠方の知人と電話(混線が続くようならスカイプ、チャットなども大いにアリ)で話してみるのもいいかも知れません。生の情報、生のほかの人の声を聞くことは、ネットではできないことの一環です。そうして新たな情報を集めることで、「今自分にできること」が新たに見つかる可能性も大いにあります。

  しかし、できることを探すあなたには、同時にその行為の「正しさ」を確かめる責任も生じることを、なにとぞご理解ください。たとえば、街に出て募金を募っている人を見つけた時。善意を否定するわけではありませんが、その募金の主旨、実施している団体の信頼性などを、ぜひ確かめていただきたい。

  今、募金などにかこつけた詐欺が横行しており、枝野官房長官も注意を呼び掛けておられます。募金は確実に、そしてだれでも始められる「今できること」です。しかし、それが確実に被災地へ届くものなのか。まずは自分の出来うる範囲でよく観察し、よく確かめ、情報を集めてみてください。詐欺募金団体の情報、確実に信頼のおける募金先。少し調べれば、見つかるはずです。

  そうして情報を集める重要性がご理解いただけたなら、きっと皆さんには根拠のない風評やデマ情報などに対し、その「正しさ」を確かめる慎重さ、根拠ある情報を人に伝える誠実さを改めて身につけていただけるものと、私は信じております。

   福島から避難してきた人を、「こっちが被ばくするから」などと言って施設や店舗に入れない。

  「ガソリンが足りなくなる」「食糧が足りなくなる」などと、来週以降の出荷状況や別の場所の販売状況も確認せずに、ひたすら近所へ買い溜めに走る。結果、混雑や渋滞を引き起こす。

  良識ある方になら信じがたいことでしょうが、今現在詐欺も含め、これらは実際に起きていることです。すべては、誤情報や流言を自らでは調べず、そのまま受け入れてしまうが故です。

  今こそ、正しき情報を。情報収集の尊さを。そしてそれは、ニュースなどから一方的に受け取るものではなく、自らもまた調べ、確証を得られたものでなくてはなりません。記事を書くライターとして私が常に心がけていることですが、できることならば、信頼のおける情報ソース(気象庁発表や信頼のおける専門家の見識、政府の記者会見など)を複数確かめてみてください。その情報の正しさを支持する情報のほか、否定する情報も必ず見つかるはずです。そこで情報を並べて吟味し、さらにそれを確かめるための情報を集め、正しさを自ら判断してください。

  自分にできることを探し、できる限りの力を重被災地の皆さんのために分けて差し上げること。そして、正しい情報を確かめ、その自らの行為を無駄に終わらせないこと。連休の中で時間ができる方には、ぜひリフレッシュしながらも、考えていただきたく存じます。連休明け以降も、状況は続きます。それに備えての英気充填と、それ以降に何をしていくかを、ぜひこの連休にこそ。

  私もまた仕事がもうすぐ落ち着きますので、安全確認運動のみならず、今できることを探すために、そろそろ動き出そうと考えております。仕事柄、遠方へ出ることはできないのが歯がゆくはありますが……。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。